Welcome speech on the first day

INSEAD MBA Class of July 2017の初日、Singapore campusではDeanとAlumnusからWelcome speechがあった。主なメッセージを書き留めておく。

DeanのIlian Mihov (https://www.insead.edu/faculty-research/faculty/ilian-mihov) からは3つのメッセージ。

  1. Get out of your comfort zone
  2. Find your passion
  3. Business is a force for good

3点目 “Business is a force for good” についてはINSEAD創設の理念にも触れながら。INSEADは、単にMBAをアメリカからヨーロッパに持ち込むだけでなく、争いの絶えなかったヨーロッパ各国から学生が集まるdiverse communityを作ることで、世界に “peace and prosperity” をもたらすことを目指して、1950年代後半に創設された。今はヨーロッパを越えて世界中から生徒が集まり、最もinternational diversityを重視したビジネススクールになっている。

続いてAlumnusを代表して、20年前にINSEAD MBAを卒業し、現在はCredit SuisseでManaging Director, Head of Private Banking Asia Pacificを務める、Francesco de Ferrari (https://www.credit-suisse.com/hk/en/private-banking/bank/seniormanagement.html) からも3つのメッセージ。

  1. Take full advantage of INSEAD
  2. Choose passion over fear
  3. Help make the world a better place

2点目 “Choose passion over fear” についてはさらに具体的に、fearには主に3つの種類があると言っていた。

  • 家族や友人などother peopleの期待・意見に背くこと
  • 金銭的に大きな成功を収めないこと
  • 間違えること (making mistakes)

この3つのfearを認識した上で、fearに流されずにpassionを選べ、というメッセージ。

3点目 “Help make the world a better place” では、現在の世界の課題として貧富の差の拡大などにも言及していた。

Private Bankingという富裕層向けのビジネスを営み、自身の年収もかなりある人がこういうことを熱く語るのはちょっと意外だった。残念ながら仕事内容との関連については言及されなかったけど。

結局、2人ともほぼ同じメッセージ。示し合わせたわけでもなく一致したのは、この3つのメッセージが本当に重要ということなんだろう。